« 厚生年金保険料 | トップページ | メダルゲーム »

2009年11月 7日 (土)

スパリゾートハワイアンズ

 その旅は実家にて、姉と嫁の会話から始まった。
 「水着で入れる温泉行きたいねー」
 箱根ユネッサンは結婚前に行ったので、スパリゾートハワイアンズかなと話していたら父も大ノリで、数日後には「宿とったよー」。父上、行動速すぎ!!

Shioyasaki  福島県いわき市までざっと300km、1歳半の次女には過酷な行程であるが、まぁ頑張ってみよう。残業続きで重い身体を無理やり起こして朝8時。最寄り駅まで来てもらった姉を乗せて出発。自宅から常磐道のインターまでが遠い。国道16号も渋滞しており柏で乗るまでに2時間も費やしてしまった。(;-;)
 車に飽きてぐずっている子供たちを友部ICのソフトクリームでなだめていると、都内から出発した両親から「先に温泉入ってるよー」。両親、どんだけ気合入っているんだぁ!!

 茨城県に入ってからは快調に飛ばし、右側に途切れ途切れ顔を出す海を見ながらなんとか約束のお昼には着くことができた。ちょっと年季を感じるが開放的な建物で、リゾートに来たなぁという気持ちにさせてくれる。
 昼食後フラダンスショーを見て、いざプールへ。長女はあまりの広さにおびえ気味。次女は幼児用プールに座らせてじゃぶじゃぶしてみるが、あまり反応がよろしくない。むしろ大人のほうがウォータースライダーなどで大はしゃぎだった。
 他にも水着で入れるスパや大浴場など、どこも「おおっ!」と声を出してしまいそうなほど素晴らしい。これなら確かに千葉から苦労して行く価値もあるというものだ。欲を言えばもう少し一つの湯船にじっくり浸かっていたかったかな。

 休むまもなくバイキングの夕食。どうやら2回転させるようで5時半からと早目。長女は子供料金を払っているから心おきなく食べさせられると思った矢先、さすがに泳ぎ疲れたのか撃沈。夏休みの伊豆長岡に続いて2度目だよぉー。やっぱり夕方に休憩時間取らないとダメだぁ、悔やんでも悔やみきれない。 

 夕食も終わりさて何をしようかと思ったら、TVにスーパーファミコンがついている。我ら夫婦と姉は3人そろってゲーマーなので誰からともなく「やろう、やろう」。スーパードンキーコングにボンバーマンなどで大盛り上がり。マリオカートで嫁が姉に何のためらいも無く赤甲羅をぶつけた姿に感動!あぁ、俺の選んだ結婚相手に間違いはなかった。
 その後もDS4台(!)で麻雀をしたりと、私にしては珍しく宵っ張りであった。

 2日目は観光にあててもらう。まずは美空ひばりの曲で有名な塩屋崎灯台。砂浜近くに車を停めるが、肝心の灯台が崖の上なので私と父、姉の3人で登る。灯台の中は「原材料:らせん階段。以上」だったが、テラスに出たら絶景!!砂浜で遊んでいる子供たちがあんなに小さく見えるのはいいけど、うぉ~、怖ぇえ~。

Aquam  続いてアクアマリンふくしま。ここは是非子供たちを連れてきたかった水族館だ。水槽の展示が続いたと思ったら、植物園の温室のようなところに出て川が再現されていたりと飽きさせない。それにしても父上の親父ギャグはここに来て絶頂を迎えていた。私と嫁は笑いが止まらない。
 長女のお気に入りはサービスしすぎのセイウチ。大きな水槽も多く何回見ても楽しい。次女もそれなりに見ていたと思う。水辺の生き物のふれあいコーナーやミュージアムショップ、建物周辺のビオトープなどもゆっくり見たかったが、時間の都合で断念。ちなみに来年には子供向けの見学施設が増設されるそうな。また行きたいなぁ。

 いわき・ら・らミュウで海鮮丼に舌鼓を打ち、いよいよ帰ることに。両親はマリンタワーへ行くのでここでお別れ。お土産を買い、次女のハンドバックを落としたとか何やらやっていたら、いわき勿来ICを入ったすぐのあたりで目の前に両親の車!いやぁー、あまりの偶然にびっくりだけど、何か気まずかった。
 女性4人が寝てくれたので気兼ねなく飛ばす。友部SAまでは順調だったがその先で事故渋滞18km(!)しまいにはにっちもさっちも動かなくなり、柏より1つ手前のインターで降りて夕食。運転を変わってもらい家に着いたら10時。そのまま子供の世話も忘れて布団にバタンキューしてしまった。

 仕事を忘れておもいっっきり楽しんだけれど、やっぱり福島は遠かったです。子供たちがもう少し大きくなったら、また行きたいです。 

|

« 厚生年金保険料 | トップページ | メダルゲーム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパリゾートハワイアンズ:

« 厚生年金保険料 | トップページ | メダルゲーム »