« ピアノコンクール | トップページ | 自衛隊のおまつり »

2011年8月 4日 (木)

ディズニーシー

7月29日(金)

Disneysea 一年ぶりにディズニーへ行ってきた。
日頃は動物園や水族館の方がためになると主張している私であるが、時折無性に行きたくなるから魔法の国は恐ろしい。
姉さんも前日から自宅に来ており準備は万端、朝の渋滞を1時間ほどでくぐり抜け、10時前には浦安についた。昨年はランドだったので今年はシーにした。中に入ると眼前に湖と欧風の町並みが飛び込んでくる。
あぁ、何度来てもこの瞬間はたまらないわぁ。

あえて計画は立てず思いつくまま歩き回り、目に付いたアトラクションに入ってみる。ディズニーシーはこれが楽しいのだが、長女のお目当てが後回しになってしまいぐずぐず。あいにくの天気が逆に暑くなく、すたすた歩けてしまったのが子供たちには裏目に出たようで、特に次女はちょっと疲れた(飽きた)とたんに「帰りたい」と泣き出してしまった。(__; 大人のペースで振り回してはいけないと反省しつつ「マーメイドラグーン」へ。独身時代、嫁さんと2人で来たときにはあまり気にしていなかったが、子供向けのバルーンに乗ったり迷路を走り回ったり、ここだけで一日終わってしまいそうなくらい遊んでしまった。

今回一番楽しかったのは客船コロンビア号の中にある「会話をする亀」。劇場のような客席に座らされ、やっている事は観客いじりの小芝居なのであるが、スクリーン上の亀(のCG)の動きがやたらなめらかでセリフと合っておりお見事というほかはない。一同すっかり大爆笑であった。

気がついたらもう夕方。子供たちを気遣い早めに帰ろうとすると嫁と姉に嫌な顔をされる。実際ここからがおみやげに夕食にと忙しい。自分は特に買い物をしないので、雨がひどくなってきたが子供たちと外で遊んでいた。(今回、お気に入りの餃子ドッグをはじめ買い食いも散々したが、お金を払う場面にはなるべくいないようにした。いくらかかったか考えたくない)

夕食のバイキングを食べ終わるともうパレードも終わっていた。出口に向かう人々の流れに沿って歩くと、視線の上にはホテルミラコスタの客室の明かり。一生に一度は泊まってみたいけど、さすがになぁ。それはともかく、暑くもなく混雑もなく、悪天候ながら良いディズニーとなった。何歳まで子供たちと一緒かはわからないけれど、また家族で行こう。

<本日の教訓>
 ・船橋-浦安は1時間。
 ・次女の「帰りたい」に惑わされるな。

|

« ピアノコンクール | トップページ | 自衛隊のおまつり »

コメント

嫌な顔して悪かったわね(爆)


いつでも荷物持ち&子守で行くから呼んでね

あとお金のことは気にしないでいーの!!
パパとママからのありがたーいお小遣いなんだから!!

投稿: うずら | 2011年8月 4日 (木) 23時31分

>姉さん
 子供と一緒で大変だったろうけど、どうもありがとう
ございました。でも3歳児と5歳児が夜9時すぎまで
遊びまわっている遊園地なんて、ディズニーくらい
だよなぁ。

今回、私の両親からお餞別をいただきました。
どうもありがとうございました。m(_ _)m

投稿: ういば | 2011年8月 4日 (木) 23時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーシー:

« ピアノコンクール | トップページ | 自衛隊のおまつり »