« 業務連絡(9月27日) | トップページ | 飛鳥ウォーキング顛末記 »

2014年9月25日 (木)

箕面(みのお)を歩く

9月20日(土)

 

Minoo1 阪急石橋駅から通勤していると、扇形ホームの反対側にある電車が目に入ってくる。

 石橋-箕面と書かれた4両編成がホームの凹みにスポっと収まり、そのたびに大量の乗客が吐き出され、かと思うと向かいの離れ小島のホームからは通勤準急が我が物顔で本線に進入していったりしている。

 

 関東人の私にとって箕面は紅葉と滝、そしてハイキングのイメージ。実態はどんな街なのだろうと気になったので、テレビ番組よろしく逆向き列車に乗ってみよう。途中駅は桜井・牧落の2駅、坂道を上っている感じはあるが、あっさり終わってしまった。箕面は終着駅らしくホームからまっすぐ改札を出られる。石橋駅の乗車と合わせてバリアフリーだ(!)。

Minoo2
 駅横に足湯があるのでロクに歩いてもいないのにさっそく入る(
*1)、手ぬぐいつきで150円。10数人で満員になるだろうかの浴槽を独り占め。ホームは見えるが列車はこの視界までは来ないようでトレインビューとはならず残念。逆に乗降客からも駅前ロータリー側からも丸見えだが、ここは気にせず会社の課題図書を読みふけっていたら30分くらいあっさり経ってしまった。

 

Minoo3 町を歩きだす、がさっそく駅前の郷土資料館に入り距離が伸びない。昔の農機具などがなかなか良い状態で保存されているが、やはり路面電車時代のジオラマと写真のパネル展示が面白い。路面電車の開業は宝塚と同時期のようで、農地と観光地とベッドタウンのバランスを保ちながら成長した痕跡がうかがえた。ちなみにこの建物の6階には子育て施設もあり土曜日の午前中なのに利用者がいた。屋上から山肌を眺めながらしばし休憩、山の上の建物すごいなぁ~。

 

Mino04 滝やハイキングは別の機会にゆずり、商店街を抜けメインストリートを歩く。一軒家の豆腐屋さんだったり、ikariとかKOHYOいう見知らぬ名前のスーパーだったり高級志向の店がそこそこ賑わっており、自分の中の阪急沿線フィルターがまた一層強化された。続いて寄った図書館で雑誌や新聞などをゆったり読んでいると外から大音響が。併設する音楽ホールへ行ってみると、ロビーに放送設備が並べられていた。地元FM局「みのおエフエム」が毎週この時間に生放送をやっているらしく、しばし女性パーソナリティの流暢な喋りに乗っかる。地元ゆるキャラが出てきたりと公開放送らしくにぎやかな展開だった。そういえば昔、参加させてもらった市川のミニFMの主催者は元気だろうか。(*2

 

Minoo7 市役所方面まで下って、「風の翼」なるチャイニーズレストランがあったので入ってみる。三重野瞳さんの初期の名曲であるが、特に関係はなさそうだ(*3)。短髪で細身のお兄さんが一人で切り盛りをしており、おしゃれな内装にこだわり素材・中国茶に手作りケーキと次々出てきてランチ800円。11時30分の開店と同時に入店し、38歳の男性が帽子にリュック・スニーカーといういでたちで美味しいおいしいとはしゃぎながら写真を撮ったりしているのだから怪しいことこの上なし。帰り際に「今日はお仕事ですか?」と声をかけられたが、美味しかったと伝えるのが精いっぱいで、お店の人と会話をするというのは得意ではないと再認識。聞けば店主は30歳そこそこだそうで、店を構えて3年とのこと。その若さで自分がやりたい仕事を実現できるなんて本当に素晴らしい。また食べに来たいものである。

 

Mino5 箕面市のコミュニティバスに時間を合わせ、かやの中央へ移動。1時間に2本あるが間隔は10分と50分。別系統のバスが重複して走っているだけなので致し方ないが、もう少し何とかならないものか。みのおキューズモールは着任直後に来て以来2度目。核店舗イオンの便利さとアウトレットモール調で装飾された専門店街の回遊性が魅力で、ショッピングセンターではいま一番のお気に入りになっている。ABCマートでスニーカーを新調し、Seria(100円ショップ)で生活用品をそろえる。

Minoo8 中庭に目を向けるとテントの出店が多数。この土日で「みのおマルシェ」という名前で近畿中から出店があるらしい。手作りの装飾品や洋服、あるいはパンやケーキなど職人芸の匂いがひしひしと伝わってくる。京都から来たという「ぱんだんご」を賞味。甘いっ!ここでも話しかけられドキドキするが、何であれお祭りの雰囲気は悪くない。本日は暑くもなく芝生でくつろいでいるが、これだけ回ってまだ2時半(汗)。どうしたものか。

Minoo6_2 このあとは水春というスーパー銭湯でくつろぐ。ほぼ値段が倍になる岩盤浴をつけないと豪勢な休憩室は使えないとのことで、大広間の畳でうたたねをしていたらすっかり日が暮れかけていた。送迎バスで千里の町を一回りする間、ずっと外を見ていたがこの街もなかなか面白そうだ。また時間を取って来てみよう。近場で手軽に癒された1日であった。

 

*1)本日は千里に抜ける予定で、箕面駅に戻ってこないため。

 *2)この数日後、本人から「飲まない?」と突然の連絡があってびっくり!でも大阪なの…。

 *3)お店の由来は聖書からとったそうです。

|

« 業務連絡(9月27日) | トップページ | 飛鳥ウォーキング顛末記 »

コメント

楽しそうなぶらり旅報告で、姉さんも行きたくなりました。いつになったら大阪行けるかな?

ちなみに箕面は「バーバーハーバー」に出てたよね?

で、足湯の写真は誰に撮ってもらったの??

投稿: うずら | 2014年9月25日 (木) 18時08分

とりあえずikariは覚えておきましょう。関西では高級スーパーの代名詞です。(関東の成城石井に相当)

#JR宝塚駅改札前に出店したikari(扱っている商品がikariと同じというだけで運営はJRの子会社らしいので店名は異なりますが)は先日つぶれましたが(爆)

投稿: ND | 2014年9月25日 (木) 20時26分

>うずら姉さん
 わざわざパソコンからありがとうございます。たった3駅のぶらり旅が非常に長文になってしまいました。
 バーバーハーバーで出た箕面は駅から山登って滝を見に行くコースなのですが、皆さんいらした時は滝と町歩きをセットにして、車を借りてでも行きたいなと思ったくらい素敵な場所でした。
 足湯の写真は…恥ずかしながら自撮りです。自分も入っている写真も欲しいのですが、一人だとなかなか、ね。

投稿: ういば | 2014年9月28日 (日) 05時17分

>NDさん
 コメントありがとうございます。この日は荷物になるから寄らなかったのですが、ikariは覚えておきますね。
 兵庫県が地盤みたいで大阪府にはあまりないですね、近くだと豊中かなぁ(それも駅から通そうですが)。

投稿: ういば | 2014年9月28日 (日) 05時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箕面(みのお)を歩く:

« 業務連絡(9月27日) | トップページ | 飛鳥ウォーキング顛末記 »