« 青森旅行(その2) | トップページ | クラフトパークと久宝寺緑地公園 »

2015年9月23日 (水)

青森旅行(その3)

 9月23日(火・休)

Aomori31 本日は義兄さんは仕事なので姉さんの家におじゃまさせてもらう。宿から車で5分ほど走った先のアパートは建物入口に大きなガラス戸があり雪国仕様。昨年の夏以降は自分の生活しか見ている余裕が無かったが、姉さんも親元から本格的に離れた青森の地で「生活」しているんだなぁと認識を改める。リビングの一角にひまちゃんのおもちゃが並べられているスペースがあり、三女を座らせてみるとアンパンマンのおもちゃに目をつけて無心に遊んでいる。三女が楽しいならここでゴロゴロしていても良いかなと一瞬思ってしまった。

 気を取り直して最終日、青森市街地でいくつか回りたい。どこへ行くか迷ったが海が見たい(見せたい)ので海沿いにある合浦公園(がっぽこうえん)に行ってみる。自動車の車室ど真ん中に平然と1台だけ停めているバイクに閉口しながら駐車、恒例のごとく入口すぐにある遊具につかまって進まない。しかも次女は立売りのアイスクリンが欲しいと騒ぎだし収集がつかないので、もう引き揚げようかなと思ったら姉も母上も海まで歩くことを了承してくれたので気を取り直す。横浜大さん橋みたいな埠頭を想像していたが、ついた先は見事な砂浜。しかもご丁寧に足洗い場もあり(*1)、カバンの奥底にタオルがあるのを急ぎ確認して長女次女を波打ち際へ行かせる。水は底が見えるくらい透明で、まさか県庁所在地の至近にこんなきれいな海水浴場があるとは思わなかった。

Aomori32 その後も別の遊具で遊んで、松原と海の背景が美しいと思って記念撮影までしてやっとお昼ご飯。魚菜センターという古びた市場で「のっけ丼」にチャレンジ。10枚つづり1,080円の食券を買って丼のごはんをもらい各々好きな店で寿司ネタをのせて回るという作り方で、この一切れが108円、などと思案してしまう野暮な世帯主には決して向かないが、財布の心配をしなくて良い子供(特に次女)には面白く受け止められたようで、イクラがふんだんに盛られたたいそう豪勢な丼が出来上がった。惜しむらくは食事スペースが混んでいてゆっくり食べられなかったことくらいだが、店員さんも一切れ一切れを丁寧に乗せてくれて好感が持てた。
(食券はかなり良く出来たシステムだと思う。試行錯誤を繰り返してきたのだろうな)(*2)

Aomori33 念願の八甲田丸を対岸に記念撮影したのち、物産館アスパムへ。青森の町と平野を一望してみたいと思い展望室へ上がったが、自販機で使えるジュースの無料券をもらってしまい時間もないのにくつろいでしまう。次女はメロンソーダがいいとボタンを押してあげたら「かーか(姉さん)が飲んでいるオレンジが良い」「コイン式の望遠鏡が見てないのに終わってしまった」「朝から全然アイスを買ってくれない」などと騒ぎだしとても景色を見ていられる状況ではなくなり早々に降りる。1階の物産でソフトクリームを買って事なきを得たが、クリーム系全般を食べない長女とのバランスを著しく欠くので難儀することこの上なし。(*3)

 空港へは市街地から30分程度。私は大阪に戻らないといけないので姉さんはもとより嫁さん子供ともここでお別れしなければならない。レンタカーを返却し宅急便を出し、子供たちの分の搭乗手続きをしていると17時15分のフライトはあっという間で、別れを惜しむ暇もなく手荷物検査の列に押し込んだ。姉さんも五所川原への帰路についたので一人残された私は展望デッキで羽田便のフライトを見送る。幸いボーディングブリッジが透明だったので乳児連れの優先搭乗の子供たちに大きく手を振った。またすぐ帰るから一緒に遊んでね。 

(*1) ひまちゃんは昨日の虫刺されがあるので見てるだけ、うちの長女次女だけ楽しんでしまいごめんなさい。
(*2) ごはん+いくら(200円)+まぐろ+サーモン+たこ+いか+はまちの6切れで盛ると800円。給仕や店舗の維持費用分だけ安い、くらいの勘定なので、特定のネタが好きな人にはお得かも。
(*3) 結局、母が長女にだけお土産を買ってくれました。

|

« 青森旅行(その2) | トップページ | クラフトパークと久宝寺緑地公園 »

コメント

合浦公園は姉さんも行ってみたかったとこなので行けて良かったです。

海鮮丼はまあここの名物でもあるので・・・。
ひまわりも将来面白がって豪勢丼作るんだろうなあて今からヒヤヒヤです

姉妹の嗜好が違うとバランスが大変だね。
アヤがそれで「ずるい!!」って騒がない子なのが幸いなのでしょうか?

珍道中でしたが3日間楽しかったです。
今度は大阪に行くわ!!

投稿: うずら | 2015年9月24日 (木) 08時05分

海鮮丼は子供たちもよく食べていたので、きっと次回青森に行く時があったら、また「のっけ丼食べたい!」と言ってくれると思います。

長女が「ずるい!私も」と声をあげてくれればどれだけラクなことかと常々思います。ヘンに我慢されると余計に気を使います…って、これは私が言えた話ではないですね。(^^;

3日間だけでしたが青森は楽しいところでした。
大阪にも遊びに来てくださいね。

投稿: ういば | 2015年9月25日 (金) 00時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森旅行(その3):

« 青森旅行(その2) | トップページ | クラフトパークと久宝寺緑地公園 »