« 青森旅行(その1) | トップページ | 青森旅行(その3) »

2015年9月23日 (水)

青森旅行(その2)

 9月21日(月・祝)

Aomori21 朝7時には目が覚め、朝風呂に行くと源泉がぬるくなっていた。夜朝逆の温度だったら良いのになぁ。素泊まりなので部屋でパンをかじり、宿の前の公園で子供たちを遊ばせながら姉の到着を待つ。姉さんと旦那さん、ひまちゃんを載せた軽自動車がすべりこんでくるのにさほど時間はかからなかった。

 スーパーで昼食の買い出しをしつがる地球村へ向かう。本日に限りシルバーウィーク中で書き入れ時の義兄さんも参加、貴重な休日に駆り出してしまい恐縮である。おそらくお義兄さんから見れば青森に旅行に来ているのに何故スーパーでお惣菜を買っているのだろうと不思議に思われたかも知れないが、これも長女出生から9年かけて培ってきた結論なのでご理解いただきたい。後から入る方がはるかに大変だとは思うが、いつか近い将来、伊豆にも一緒に行けるようになれればと強く願う次第である。

Aomori22 つがる地球村はキャンプ施設にテニスコート、大型遊具にパターゴルフ場などを集めた複合型レジャー施設であり、食事処や日帰り温泉も揃え何日でも楽しむことができる。まずは大型遊具の近くに陣取り子供たちを離す。大型のチューブ式滑り台があったり、1メートル近く上昇するシーソーがあったりと青森は何もかもスケールがデカい!(*1) 昨日と同じく次女につき合わされたり、三女を抱えて上まで登ったりと、9月の青森とは思えぬ暑さに汗が引くことが無かった。それにしても自分は公園で遊ぶのが好きだったのだなぁとしみじみ感じる。ルーツは30数年前の世田谷公園だろうか、今から思うと何が楽しかったのかというくらいハトを追っかけ、豆ゴーカートを漕ぎブランコで遊んだあの頃。同じ光景をいま自分の子供たちと共有しているが、あと何年くらい続くだろうか。三女の成長に合わせてまだ付き合ってくれるのか、部活や友達との遊びに興味が移ってしまうのか。まぁその時考えるしかないのだろうな。

Aomori23 途中ひまちゃんが虫刺されで病院に行って中座したが、最後は自転車にも乗って16時くらいまで長々と遊んでしまった。近くの道の駅で特製シェーキを賞味した後にイオンへ。五所川原駅前の中心地を挟み込むように東にヨーカドー、西にイオンが対峙しているが、旧市街地に近いはずのイオンは無理に家具のアウトレット店なんて入れたような感じで専門店の布陣もぱっとせず、連休中だというのにがらんとしているのが千葉県民からしてみたら意外だった。専門店で母に、三女とひまちゃん向けにお揃いで洋服を買ってもらった(ありがとうございました)。

 イオン内のレストランで食事後、早めに宿に戻ると畳の上が濡れている。急ぎ宿の人に来てもらったがどうやら雨漏りらしい。荷物に被害が無かったのが幸いで、私はこれも安宿の愉しみと意に介さなかったが、母上は値引きものだと息巻いている。あいにく満室で部屋を変えてもらうことはできなかったが、ビール1本おまけしてくれたので矛を収めていただきたい。

 昨晩より入りやすくなっていた源泉で最後の夜を過ごす。子供たちを寝かせたあとはDSの麻雀、今回は嫁さんが初回の東1局から大役をアガりそのまま逃げ切る展開となった。

(*1)このシーソーに姉弟2人でおおはしゃぎしたのは内緒ということで。

|

« 青森旅行(その1) | トップページ | 青森旅行(その3) »

コメント

ウチのダンナちゃんがいつか一緒に伊豆に行ってくれることを姉さんも強く願います

にしても姉さんも久しぶりにガンガン遊んじゃったわ。
シーソー、サイコー!!

投稿: うずら | 2015年9月24日 (木) 07時59分

いやあ、1日動き回って本当に疲れました。あのシーソーは当たりでしたね。今から都内で作ろうとしても危ないとか言われて無理な気がします。

投稿: ういば | 2015年9月24日 (木) 08時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森旅行(その2):

« 青森旅行(その1) | トップページ | 青森旅行(その3) »