日常生活

2018年7月 6日 (金)

アクア・ユーカリ

6月30日(土)
Img_20180706_121249

運動はからきし苦手な私であるが、唯一水泳だけは人並みにできる(つもりである)。プールの季節が待ちきれないのは 娘たちも同じようで、水着で遊べる温浴施設へ出かけることにした。

佐倉市にある「アクア・ユーカリ」。颯爽と水着をまとい、浮き輪を膨らましてまずはプールへ。すっかり水に慣れた 次女は活発に動き回り、三女も怖がることなくぷかぷか浮いている。子供たちにまかせてのんびりジャグジーしたいところだが、 泳ぎの練習やら水中にらめっこの相手やら散々つき合わされ、本日分の肺活量は午前中で使い果たしてしまった。

お座敷の食堂でお昼ごはんを食べ(*1)、さてハンモックに揺られて漫画でもと思ったら「もう1回プール行きたい」と まさかの延長戦!濡れた水着をもう一度穿くことに抵抗は無いようで、いったん空気を抜いた三女の浮き輪をしぶしぶ 膨らます。この時どうやら空気を入れ過ぎたみたいでパンクさせてしまった・・・アンパンマンのお気に入りだったのにがっかり。(__;

朝10時半には来たはずなのに、お風呂に入って帰る頃にはもう真っ暗。 本日だけで充分すぎるほど楽しんだが、今年の夏はもっともっと盛り上がりそうです。


*1:次女はロースかつ定食に加えてまぐろ山かけの小鉢を2杯も食べた!それだけカロリーを消費したんだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

浅草にて書道展

5月26日(土)
Hissin_2 長女が通う書道教室で展覧会があるというので、浅草へ出かけてきました。
 
急ぐ用事の日に限って次女が出発早々「おなか痛い」。コンビニに寄ると何か買ってもらえると思うようで「何も買わないよ!」とクギを刺しておいたのであるが、トイレだけ借りるのも悪いのでポケットティッシュ(108円)を購入し待っていたら「パパだけ買ってずるい!」とご立腹。(__;
 
目的地は都立産業貿易センター台東館。「都産貿」というと浜松町が思い浮かぶが、浅草寺となりの近代的なビルに生まれ変わったそうな(浜松町は平成32年リニューアル予定)。浅草全体が数年来の外国人観光ブームに沸いており、駐車場がどこも高額かつ満車。先日スカイツリーで簡単に停められたので油断してしまった。何とか最大料金のあるリパークに滑り込む。ここもすぐさま満車になり危ないところであった。
 
ワンフロア貸し切りの広々としたホール。書道の先生方の発表がメインでワンコーナーに学生・生徒の掛け軸が並べられている。ひいき目無しに他の生徒の作品と遜色なく、我が娘がここまで集中して書き上げたと感服する次第である。書道の先生へもご挨拶させていただいた。長女・次女ともにお世話になっております。賑やかな方の娘を教えるのは大変かと推察しますが、ゆくゆくは三女も習わせたいと考えていますのでよろしくお願いします。m(_ _)m
 
Ocha そのまま目の前の浅草寺、雷門も仲見世もすっとばして二天門からいきなり本堂。「パパは不器用だから指先に煙を浴びるといいよ」という次女を一蹴し参拝に集中。子供たちがおみくじを引くも普段ツキのある次女が凶を引き当て撃沈、あらかじめ凶が多いと説明しておいたのであるが、周りまで意気消沈させるのはご勘弁いただきたいものである。

仲見世もじっくり見たいがメインストリートは歩くのもままならないので、昼食ののち新仲見世商店街や伝法院通りを攻める。いかにも観光地的な小物グッズから浅草海苔やスイートポテトなどちょっとした逸品まで、見るものすべてが楽しく大はしゃぎ、なかでも最後に食べた抹茶ソフトクリームは贅沢で濃厚な味でした。
 
北千住で買い物をして帰宅。子連れで人ごみは体力使いますが、楽しい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

小学校のおまつり

1511590284501.jpg
毎年恒例の小学校のフェスティバル。姉2人が6年生と4年生ともなると付き添いの必要が無くラクなものである。

三女を引き連れ校内をぶらぶら。今年から一部の露店が校舎の外に移設され、廊下を歩くのもままならない混雑は解消されていた。こういう行事ごとにも年々改善の手は入るようである。

内容は保護者の方々が準備する、お菓子売りやゲームなどの模擬店。幼児向けのおもちゃが色々あって迷うが、本人が気に入ったみたいなのでメガネをつけてもらった。ちょっと笑ってしまうが、なかなかお似合いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

年末調整

1510563739426.jpg 年末調整を会社に提出。オンライン化されて昨年のデータが残っているので、ずいぶんラクになりました。
 
毎年直視したくないのが銀行から送られてくる住宅ローン残高の証明書。律儀に平成47年完済と書かれており、どこかに徳政令カードでも落ちてないかなぁと思わず地面を見てしまいます。(__;

写真は近所の食品加工工場で行われている社員・地元向けのお祭りにて。ローン完済時に長女は29歳、三女でも21歳。その頃はどんな生活をしているかなぁ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

2017年いちご狩り その2

3月4日(土)
Ichigo1
 昨日から甥っ子、姪っ子が泊まりに来ていたので朝からいちご狩りに行くことにした。
 本日は自宅から車で30分、慣れ親しんだ八千代市へ。道の駅裏手にある農園は農業交流センターが建った今でも細い農道を抜けなければたどり着けないので、道を思い出しながら慎重にハンドルを切る。既に10数人の行列ができていたが、9時の開園を少し早めてくれて無事ビニールハウスに入ると、一目見て畝が明らかに赤々としているのがわかる。ピークを過ぎた3月だというのに大粒で瑞々しいいちごが大豊作で、どこを取っても甘くて美味しい!普段は娘たちの姿を撮るのに熱心な私が時間を忘れて食べ続けるほど夢中になり、嫁さんからはしばらくここの園で良いとのお墨付きをいただいた。
Ichigo2  子供たちの体力は有り余っているようなので、村上駅近くの黒沢池近隣公園へ。できて数年の新しい憩いの場は斜面を利用した大型の遊具がそびえ立つが、三女を抱えてだと滑り台に上がるまでが一苦労。三女をお姉ちゃん'sに交代で見てもらうようにして次女とバドミントンに興ずる。私に似ず運動全般は好きなようで、覚えも早くメキメキ上達しているようで頼もしい。ひと汗かいて嫁さんと変わろうとすると「パパの方が下手だからパパとやりたい」と次女。道行くおじいさんたちに笑われてしまいました…。orz 散々遊んだがなかなか帰ろうとせず引きはがすのに一苦労。次女は車に乗ったあとももう一度滑り台をしたいと聞かず、困ったものだ。この根性は私や長女が真似できるものではなく、大したものだとしか言いようがない。
 最後にピーターパンでパンを買って自宅で食べる。何だか広報誌にそのまま載りそうな行動となったが、千葉県に住んでいて良かったなと思える一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

ひなまつり

3月3日(金)

1488975607349.jpg
宇都宮から帰宅するとお義母さん、義姉さんが遊びに来ており、ちらし寿しが作られていた。美味しい!そして魚がいっぱい入っていて豪勢だった。

毎年立春が過ぎると即座に飾り付けられ、ひなまつりが終わると電光石火で片付けられるのだが、その作業をしているところは一度も見たことが無い。毎年準備してくれる嫁さんには頭が下がる想いである。

三女も気に入っているようだし、何より綺麗だからもー少しだけ飾っておいて欲しいなぁと毎年思うのは複雑な父親心情である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

小学生と行くお台場

1月10日(日)
Odaiba1自宅へ戻った時嫁さんとまず相談するのが「明日どこへ遊びに行こうか」という話である。年の離れた3姉妹を満足させるのには毎回なかなか頭を悩ませているが、今回は車でお台場まで飛ばしてみる事にした。

実は直前まで行き先が決まらず、車のエンジンをかけたのが12時過ぎ(汗)。まぁいいや、その分夜までゆっくりしていこう。新習志野のケンタッキーで昼食ののちお台場に入り、とりあえず目についた東京レジャーランドに車を入れる。ビーナスフォートで買い物すると割引つくけど、やっぱり駐車料金は高いなぁ。(>_<)

本日の目的地は「アネビートリムパークお台場」。2014年にオープンした屋内型遊戯施設であるが、安全かつ清潔に遊ばせることができるので冬の寒い時期には特に重宝する。長女と次女はおそらく欧州製と思われる初めての大型遊具に夢中でよじ登り、三女は乳児向けのコーナーであっちこっち動き回る。長女次女は固まりやすい特殊な砂で型をとったり、せまい穴に無理やり入ったりと楽しんでくれたご様子。でも次女はお姉ちゃんと二人で遊びたいらしく、「パパはあっち行ってていいよ」と言われてしまった。(くっすん) おもちゃで遊んでいる三女は手がかからないので、しばらくゆっくりさせてもらうが何か物足りない。これも子供の成長というものであろうか。

Odaiba2ビーナスフォートの中も歩いてみたかったが、買い物嫌いの子供たちが許すハズもなく、隣のメガウェーブへ。トヨタ自動車のショールームであるが、試乗コーナーやシミュレータなども充実していて、やっぱりここ好きだわぁ!次女はカートを運転してみたかったようだが時間の都合で断念。もう少し大きくなったらまた来ようね。

2階のカフェ(ドーナツが美味しい)でひと休憩して、暗くなってからの観覧車。やっぱりハズせないよねーと言おうと思ったが、お台場で乗るのは初めてだった。3連休の中日にしてはさほどの行列ではないそうで、また多人数で乗ると安いのがありがたい。前回遊びに来たのが何年前なのかもう思い出せないが、東京の流行最先端の夜景は変わっているようで、昔と変わらないような気がした。長女次女ははしゃいで写真を撮っているが、再び自分たちでこの場所に来た時に思い出してくれるのだろうか。いつか大きくなった娘たちから、子供の頃の話を聴かせてもらいたいと思った1日だった。

Odaiba3*最後に東京進出を果たした富山の回転ずし「かいおう」で夕食。安くて美味しかったですが、自宅近くにある八千代店とはずいぶん違っていました。あと帰り道で勢い余って一般道のレインボーブリッジを渡ってしまい冷や汗。特に夜はナビを(ナビ自体古いのですが)しっかり見て、慎重に運転しようと思いました。(^^:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

住宅ローン借り換え

4月13日(月)

 

 昨年からの懸案であった「住宅ローン借り換え問題」が、無事に契約更改までこぎつけられたので、半年ぶりに有給休暇を取得して地元の銀行へ行ってきました。

 

 条件については散々話し合ったので、本日は書類を何枚か書いてつつがなく終了。資金をかき集めて相当額を繰り上げ返済をしたうえで、全期間固定に無事借り換え。金利とは恐ろしいもので、ここまでしても毎月の返済額は微増にとどめることが精一杯でした。

 

 とは言っても返済完了が平成47年とかなので、まだまだ先は長いです。その頃には長女次女はとっくに結婚して家を出て行って、三女は都内の大学に通っているのでしょうかねぇ…。ちょっと想像がつきません。(^_^;

 

 とりあえず大きい借金にメドがついたので、あとは教育費が何とかなれば、一家平穏に暮らしていけますでしょうか。定年も65歳まで延びちゃったし、55歳で引退して悠々自適、なんて夢物語は棚上げにして、まだまだ頑張らねばいけません。

 

 もし心配されていた方がいらっしゃいましたら、この場を借りて御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

 

たかくら ういば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

伊丹めぐり

8月23日(土)

Itami1_2 帰阪してからの平日は家族を石橋別邸に残し出勤。後から私の母親が来たのであるが、クレーム対応その他でほとんど会えずじまいであった。(__;

 週明けには帰るというので最後にどこか連れて行きたい。近郊で公園遊びができるところ、ということで車で伊丹市内を回ってみることにした(*1)。今回初めて利用したのがタイムズのカーシェア。ガソリン代込みで15分200円からと、レンタカーと比較してかなりリーズナブルに車が使用できる。あいにく自宅近くのステーションに空きが無く電車で川西能勢口まで出かけて乗り込むこととなった。

 ゲート式駐車場の一番奥に停められた青のソリオに会員カードをタッチし、10年以上ぶりとなる大阪での運転がスタート。(*2)トランクにジュニアシートが備え付けらえていたのがありがたい。とりあえず飲み物やお菓子を与えて落ち着かせるが、子供というものは飽きるのが早く運転に集中できない。なかなか譲ってくれない車線変更にヒヤヒヤしながら30分弱で昆陽池(こやいけ)公園に到着した。

Itami2_2 大きな池を取り囲む遊歩道は木々が生い茂っておりお手軽な森林浴。池をほぼ半周した果てにある一軒の建物が伊丹市昆虫館。中に入ると虫の大きさを10倍に模したジャングルがお出迎え、ミツバチの200倍模型は後ろから操作することができて、さながらコックピットにいる気分。次女はずいぶんいじっていたが、正面から見るにはなかなか怖いものがある。ここのメインイベントであるチョウの温室へ。約1,000匹ものチョウが人間を警戒することなく黄色・青・黒の各色を輝かせている。みつ皿に集まったり、木に止まったりとじっくり眺めたり撮影できたりできるのがうれしい。さすがに自分の手には止まってはくれなかったが、時間を忘れるほどに幻想的な時間であった。

 2階の図書スペースで休憩後、カブトムシとクワガタの企画展を見る。ポスターが何故か萌え絵だが、誰も気にしていないようなのでスルー。名前こそよく聞いたことのある昆虫たちが、自分の想像よりはるかに大きなサイズで展示ケースに連なっている。幼稚園の時からダンゴムシを素手で捕まえられる娘たちはもちろん、少年の愛称が泣くが幼き頃に甲虫類に興味が無かった自分でもこれだけで満足できるくらいだった。
Itami3
 企画展の目玉は中央に暗室を設け、虫たちの夜の行動を観察するその名も「カブクワ☆ナイトフィーバー」(*3)。子供たちも一人1個の懐中電灯を持ち思い思いに木や土にライトを照らすと、エサの野菜をカサカサと食べている姿が間近に観察できる。触角を精密機械のように動かすさまは蝶のそれと変わらず、先ほどの勇猛な姿とも一味違って興味深い。
 その他、蛹を体験したり虫のように隠れてみたりと体験コーナーも充実。こういうときに次女はきちんとのってくれるのでとても愛らしい。将来有望である。

Itami4 すっかり堪能したら遅くなってしまった。レンタカーは時間を気にしないといけないのが欠点だ。コンビニで昼食を買い込み「伊丹スカイパーク」へ。単なる公園と言ってしまえばそれまでであるが、場所が何と伊丹空港の滑走路に隣接しているのである。離陸、着陸ともに間近で見られてド迫力!!いやぁ~、これは来た甲斐があったわ。妻と三女がミスト(水蒸気)の出るベンチで休憩している間、上の子供二人は立体迷路の遊具で遊んでもらう、さてのんびり飛行機でも、と思ったらさっそく次女からご指名が(汗)。気温は推定35度、なぁ次女よ、パパはもぉおじさんだから一緒に網の中の迷路をくぐれるほどの体力はないのだよ。考えれば先ほどの昆虫館の休憩のときも一緒に塗り絵をしろだの絵本を読めだのうるさかったなぁ。まだまだ父親が必要な年齢なのであろう。
 滑走路に沿っているため端から端までが長く、真ん中の一部分しか見れなかったが充分に楽しめた。また夜に来てもきれいなんだろうなぁ。

Itami5 無事に車を返却したのち、川西池田の阪急百貨店でワークショップをやっていたので子供2人が風鈴を作り帰路についた。カーシェアは思い立った時気軽に車が借りられて便利ですが、やはり自宅の前から乗りたいものです。冬には丸一日レンタカーを借りて、もっと遠くまで出かけられたらと思いました。

Itami6

(*1)当初案では万博記念公園でしたが、広い敷地内を暑い中歩き回るのはしんどそうなので撤回。涼しい季節に行きたいと思います。

(*2)おそらく結婚直前にレンタカーで万博記念公園と箕面の滝に行ったのが唯一かと。その時も二度と運転したくないと思ったのですが…。

(*3)「ルカルカ☆ナイトフィーバー」という曲を思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

早朝の水月公園

Suigetsu0昨日はゴルフで疲れているというのに、朝、目が覚めてしまった。
赴任してからこういう日が多い。やはり大阪は暑いのだろうか。

引っ越ししてきた時から気になっていた、家の裏にある公園を一周してみた。
名前は水月(すいげつ)公園、散歩やジョギングをする近所の方々で朝から賑わっていた。

大きい池のほか、梅と菖蒲が有名らしい。その他遊具類も結構綺麗に使われている。
昼間は町内会で飼育しているアヒルなども見られるらしいので、また来てみよう。

Suigetsu2_2Suigetstu1




| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧